チアシード

チアシードとはいったいなに?グリーンスムージー+チアシード=1ヶ月で3kgダイエットする方法をご紹介します。基礎代謝が落ちてきているせいなのか、ポッコリお腹で服がキツくなってきたときの痩せる方法です。グリーンスムージーとチアシードを使って1ヶ月で3kgダイエットする秘密について書いています。
MENU

チアシードとはいったいなに?

チアシードっていったい何なんでしょう?

チア(学名Salvia hispanica)というシソ科ミント系サルビアの1年草の種で、主たる原産地はメキシコ中部です。

 

シードとは種子という意味なので、つまりチアシードって『チアのタネ』ということ。

 

チアはシソ科ミント系サルビアの1年草で、高さ1メートル、葉の長さ4〜8センチ、幅3〜5センチくらいに生長し、紫色か白色で茎の先端に無数のフサ状の花を咲かせます。その花の咲いたあとに採れる種がチアシードです。

 

チアシードにはプロティン20%をはじめ、油分34%、食物繊維25%などが含まれていて、毒性のある成分は一切含まれていません。

 

 

チアシードはーパーフード、その効果とは?

チアシードはスーパーフードとして今やトップモデル達だけでなく一般的にも広く浸透し、手軽に摂取できるようになりましたが、その成分や効果、そして食べ方についてよくわからないまま何となく買ってしまったという方も多いようです。

 

そこでまずは、チアシードの成分や効果について簡単に説明します。チアシードは

 

やじるしオメガ3脂肪酸を豊富に含む
やじるし食物繊維を豊富に含む

 

ことで注目を集めています。オメガ3脂肪酸は血糖値の上昇を抑えたり、認知症や花粉症を防ぐと言われ、健康の分野で幅広く効果があります。

 

また食物繊維を豊富に含むので、腸の調子を整え、便秘を解消することも出来ます。

 

更にチアシードは水分を吸収すると膨らむ性質がある為、少量の摂取でも満腹感を得ることが出来、食べ過ぎを防止したりダイエットに効果を発揮するということで人気が急上昇しています。

 

 

チアシードの効果的な食べ方

チアシードに熱は大敵!40度以上のお湯だとチアシードの美容成分が破壊されてしまうからです。なのでチアシードは常温か冷たいモノに入れて食べると良いです。

 

そんなチアシードのおすすめの食べ方は、ヨーグルトやグリーンスムージーなど美容効果の高い食品と合わせて摂取する方法。

 

チアシード自体は無味な為どんな食材に合わせても大丈夫なのですが、美容成分を失わないためにはグリーンスムージーなどの冷たい飲み物に混ぜるのが効果的です。

 

でもチアシードは食べたら食べただけ美容効果が得られる訳ではありません。チアシードは脂肪分の多い食品なので、摂取しすぎると脂質の取り過ぎで肌が荒れて吹き出物が出来たり、胃腸に負担がかかったりします。

 

チアシードの一日の摂取の目安は大さじ一杯(5〜10g)程度

 

一日5〜10g程度の量を目安にヨーグルトやスムージー、またはサラダのドレッシングやお菓子を作る際に入れたりしながら正しい量を摂取しましょう。

 

このようにチアシードは、健康面だけでなく美容効果の非常に高い食品です。

 

ただ一日だけ摂取しても効果はあまり得られないので、常に家にストックしておき、ヨーグルトやスムージーやサラダなど毎日食べるものに積極的に取り入れ、継続して摂取していきましょう。

 

 

関連ページ

チアシードの効果と副作用
チアシードの効果と副作用について。グリーンスムージー+チアシード=1ヶ月で3kgダイエットする方法をご紹介します。基礎代謝が落ちてきているせいなのか、ポッコリお腹で服がキツくなってきたときの痩せる方法です。グリーンスムージーとチアシードを使って1ヶ月で3kgダイエットする秘密について書いています。
このページの先頭へ